Sakon-net Data /pcb-11
特別管理産業廃棄物責任者
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Text: /電気保安index> 受電設備基準 > 特別管理産業廃棄物責任者
pcb-11 特別管理産業廃棄物責任者

 特別管理産業廃棄物管理責任者

 使用済みのPCB使用製品等を保管している事業者は、当該事業場ごとに特別管理産業廃棄物管理責任者を設置しなくてはなりません。

   (廃棄物処理法第12条の2第6項)

■特別管理産業廃棄物管理責任者の資格

 特別管理産業廃棄物管理責任者は、法に定める資格(廃棄物処理法施行規則第8条の17)を持った人又は特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会の受講を修了した人がなることができます。

法に定める資格(施行規則第8条の17第2項イ〜リ)

資 格 要 件

経  歴  等

※廃棄物の処理 に関する技術上の実務経験

環境衛生指導員

環境衛生指導員2年以上

大  学

理学、薬学、工学若しくは農学の課程で衛生工学(旧制大学の場合は土木工学)若しくは化学工学に関する科目を修めて卒業

  

2年以上

大  学

理学、薬学、工学、農学若しくはこれらに相当する課程で上記以外の科目を修めて卒業

3年以上

短期大学

高等専門学校

旧制専門学校

理学、薬学、工学、農学若しくはこれらに相当する課程で衛生工学(旧制専門学校の場合は土木工学)若しくは化学工学に関する科目を修めて卒業

4年以上

短期大学

高等専門学校

旧制専門学校

理学、薬学、工学、農学若しくはこれらに相当する課程で上記以外の科目を修めて卒業

5年以上

高等学校

中等教育学校

旧制中等学校

土木科、化学科若しくはこれらに相当する学科を修めて卒業

6年以上

高等学校

中等教育学校

旧制中等学校

理学、工学、農学に関する科目若しくはこれらに相当する科目を修めて卒業

7年以上

上記以外の者

 

10年以上

上記に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認められる者

※ 「廃棄物の処理に関する技術上の実務経験」とは、廃棄物処理法第7条又は第14条の処分業の施設及び第8条(第9条の3を含む)又は第15条の処理施設に従事した経験をいいます。

  東京都では、特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会の受講を修了した者は、上記に掲げた資格の「リ」に相当するものとして、特別管理産業廃棄物管理責任者になることができます。

 

 受講の申し込みなどについて問い合わせ先(東京会場) 

 (社)東京産業廃棄物協会  電話03−3499−6106

(他県で実施した講習会の受講修了者も特別管理産業廃棄物管理責任者なることができます。)

 特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会

(実施機関:(財)産業廃棄物処理振興センター)

■設置・変更の届出は 

 PCB入りコンデンサや照明用安定器などを保管し、新たに特別管理産業廃棄物管理責任者を設置し、又は変更する場合は、東京都あてに届出をお願います。(「講習修了証」の写しを添付してください。)

 

届出様式 : 特別管理産業廃棄物管理責任者設置(変更)届出書(様式第6号)

 ■特別管理産業廃棄物管理責任者の役割

1.保管台帳を備えるなどしてPCB廃棄物の保管状況を把握

 使用を中止したり、保管場所を変更するなどの際、記録洩れなどからPCB廃棄物が紛失することのないよう保管状況や数量を把握する必要があります。また、PCB特別措置法に基づく保管状況等の届出を行う必要があります。

2.特別管理産業廃棄物保管基準を遵守した適正保管

 特別管理産業廃棄物は、運搬されるまでの間、特別管理産業廃棄物保管基準(廃棄物処理法施行令第8条の13)に従い、生活環境の保全上支障のないように保管する必要があります。(廃棄物処理法第12条の2第2項)

従って、PCB廃棄物は、この保管基準に従い適正保管する必要があります。

電気保安index> PCB廃棄物処理Topへ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Sakon-net Back Numbers
Original articles: Copyright(c) 2002 Sakon-Net All rights reserved.