Sakon-net Data /teiden_tokyo_2006_8
2006年8月東京大停電(クレーン船による送電線事故)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Text: /電気保安index > 電気事故 > 波及・停電事故 > 東京大停電について(クレーン船送電線事故)

首都圏で140万戸停電 交通乱れる 送電線に船が接触

2006年08月14日7時30分

14日午前7時半ごろ、東京都と千葉、神奈川両県の一部で大規模な停電が発生した。一時、計140万戸が停電し、JRや私鉄、地下鉄もストップ。信号機が点灯しなくなったり、エレベーターで人が閉じこめられたりする事故も相次いだ。けが人の情報はなく、停電は約3時間後に復旧した。東京電力によると、東京都江戸川区と千葉県浦安市の間を流れる旧江戸川にかかる送電線を、航行中のクレーン船が傷つけたことが原因と見られる。
写真
地図
写真
送電線に接触した直後のクレーン船
2006/8/14AM7:50
千葉県浦安市
2006/8/14朝の停電の範囲
台船上のクレーンで送電線が傷つけられた
2006/8/14東京江戸川区

 警視庁と千葉県警によると、東京都江戸川区南葛西7丁目の旧江戸川の中央部分で、航行中のクレーン船(全長36メートル、幅12メートル、380トン)が、水面から約16メートルの高さの送電線と接触した。クレーン船は三国屋建設(茨城県)の所有。しゅんせつ工事をする予定だった。乗務員は「橋をくぐった後、長さ33メートルのクレーンを上げたところ、送電線に接触した」と話しているという。

 東京電力によると、送電線は2系統あり、一方が損傷しても、もう一方が予備の役割を果たすが、クレーンは送電線を2系統とも損傷させた。この送電線は、発電所から送電する50万ボルトに次ぐ2番目に大きな送電線。この送電線につながる各変電所では、損傷によって過電流保護装置が働いて電流が遮断されたため、次々に停電が起きた。

 停電が起きたのは中央、千代田、新宿、世田谷、渋谷など14区1市(計約97万戸)と横浜、川崎両市(同22万戸)、千葉県浦安、市川の両市(同20万戸)で計約140万戸。停電は同10時44分に解消した。

 東京メトロは午前7時半過ぎから一時全線で運転をストップ。順次再開したが、東西線は高田馬場―葛西駅間で約1時間運転を見合わせ、計10万3000人に影響が出た。東京都営地下鉄の各線やJR京葉線、東急や京浜急行、京王電鉄、東京モノレール線、新交通システムゆりかもめなど私鉄各線でもダイヤが大幅に乱れるなどし、計約34万5000人に影響が出た。

 東京消防庁によると、都内では、午前7時40分ごろから、停電が原因とみられるエレベーター内の閉じこめ事故での救出要請が58件あった。同時刻に火災の通報が数件あったが、大きな火災や交通事故の連絡はなかった。119番通報も100件近く寄せられたため、緊急時以外の無線の使用を控えた。

 千葉と神奈川両県では計13件の閉じこめ事故があった。

 警視庁によると、都内では、計約400カ所の信号が正常に点灯しなくなるなどのトラブルが起き、警察官が出動して手信号で交通整理にあたった。

<電気保安index>

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Sakon-net Back Numbers
Original articles: Copyright(c) 2002 Sakon-Net All rights reserved.